CNS_HP_素材.png

ワークボックス作業中イメージ

  EV工法   EV工法

CNSオリジナル ワークボックス
特願2015-35332

各パイプ径に合わせた工具により、構造部を固定。負圧をかけても空間の保たれる部分養生です。

従来グローブバッグ(部分除去)を安全化・簡便化

取り外し式の円盤と帯状の養生によって、これまで困難とされていた作業養生内の負圧化と飛散防止剤を散布しながらの作業を可能にしました。 これにより、作業の安全性・簡便性向上と共に、工期短縮・コストの削減も実現します。

大きな設備を必要としません。

従来グローブバッグ養生と比較して、養生破損による石綿繊維暴露の危険性がゼロと言える環境を作っているため、 大きな範囲での養生や、クリーンルーム・防護服などを必要としません。


■CNSオリジナルワークボックス工法 資料 資料閲覧 ダウンロード